老人保健施設 | 勤務先別の看護師転職

老人保健施設

老人保健施設という言葉を聞いたことはありますか?簡単に説明すると、
高齢者限定のリハビリ施設と言えます。

ここに入居しているのは、病気やけがなどで体が不自由になった人、
又はそれに準ずる人ばかりです。

老人保健施設の目的は、リハビリを通じて身体機能を回復させること。
よって、入居できるのは最大で3カ月程度となっています。

老人ホームと違い、一定の間隔で利用者が入れ替わるのが特徴です。
様々なタイプの高齢者と接するので、対話能力が求められます。

看護師の役割は、日常生活で不自由な部分を介助するほか、
利用者の心のケアをすることが求められます。

病気やけがの前までは元気に活動していたのに、突然体が満足に
動かせなくなった。それはとてもつらいことです。

ふさぎがちな気持ちを和らげていけるか、リハビリに対して意欲を
出すには何をしたらいいのか。常に考える仕事です。

一人一人の利用者と向き合いたい、相手と密接にかかわりたい。
このような気持ちが強い人に向いている仕事です。

施設の目的がリハビリである以上、患者の容体が急変することはほぼありません。
いきなり高度な医療を求められることもないので、安心して働けます。

長いブランクから復職先として選ぶのも良いでしょう。
勤務は日勤のみなので、子供がいる人にも働きやすい職場です。

ただ、老人保健施設の数はあまり多くなく、求人も少ないのが現状です。
ハローワークよりも、転職支援サイトを利用して求人を探しましょう。