療養病院 | 勤務先別の看護師転職

療養病院

療養病院における仕事内容は、基本的に一般病棟と変わりはありません。
但し、患者は一般病棟よりも長期にわたる入院生活を送ることになります。

そのため、入院というよりも「生活」の場として良い環境を作ることが大切です。
一人一人の患者と向き合いながら仕事をしたい人にはぴったりの職場となっています。

患者の様子をしっかり把握しておくことも大切ですが、それ以上に医師やほかの
職員との連携が求められます。コミュニケーション能力は欠かせません。

療養病院の患者は、容体が安定している人ばかりです。そのため、
急性期のように次々と患者が運ばれてくることはありません。

看護師の仕事に体力面から不安を感じている方は、療養病院に転職してみてはいかがでしょうか。
勤務形態も安定しており、定時の帰宅も十分可能です。

療養病院は介護・リハビリといった福祉の側面が強く出ている施設なので、
医療の他福祉に興味がある人にもお勧めです。

療養病院では、介護士や理学療法士といった他の職業の人が一緒に働きます。
中にはこちらのやり方に口を出す人もいるかもしれません。

しかし、医療・介護・リハビリは似た分野であっても独立していることに変わりはありません。
特に医療においては看護師が専門ですから、あまり真に受け過ぎない方が良いでしょう。

もちろん、中には重要な意見を提案してくれる人もいますから、そこは聞き入れておくべきです。
対人関係も複雑になって来るので、選ぶ際には良く考えて決めてください。