クリニック | 勤務先別の看護師転職

クリニック

クリニックでの仕事を説明する前に、病院との違いを比較してみましょう。

病院とクリニック。それぞれの名称は、入院患者を受け入れる設備があるか、
ベッドが何床あるかによって変わります。

病院はベッドが20床以上あり、入院患者を受け入れる設備が整っているところ。
クリニックは19床以下のベッドで入院患者を受け入れているところを指します。

また、クリニックによっては入院を受け付けないところもあります。

設備の違いは、人員や仕事内容の違いにも表れます。当然、病院のほうが
規模は大きいですから人員も多くあるもの。

規模が大きくなればなるほど、診療科も細分化されていきます。
そこで働く医師や看護師の他、医療事務や院内清掃などそれぞれの分野でスタッフが存在します。

一方クリニックの場合は人員が少ないので、一人一人が複数の仕事を受け持ちます。
先に紹介した事務仕事や清掃なども、看護師の仕事のうちに含まれます。

クリニックに転職を希望する看護師の多くは、夜勤がない・休みが安定して取れる
という長所のみに注目しがちですが、こうした仕事の違いも把握しておくことも大切です。

転職とは簡単にできるものではありません。希望を持って転職をしても、
こんなはずじゃなかったのに!と後悔する羽目になっては意味がないのです。

まずは転職先で自分が受け持つ仕事の量や種類を把握し、そこに給料や福利厚生
等の希望条件を照らし合わせてみましょう。

その仕事に対して自分が納得できるか。やりがいをもって取り組めるかも、大切な要素です。