病院 | 勤務先別の看護師転職

病院

看護師の大半は、病院勤務を経験します。看護学校を卒業してから最初に
勤務する場所は病院がほとんどですし、転職先としても病院を選ぶ方は多いです。

病院と言っても規模は様々です。スタッフの数、扱う診療科目の数、入院設備の数。
それぞれの条件を比べたうえで、どんな病院が自分に合っているかを探す必要があります。

まずは、何のために転職をするのかはっきりさせましょう。
新しい分野への挑戦、キャリアアップ、専門性を高めるためなど。

目的を達成するために必要な設備や教育制度が、その病院にあるかを確認してください。

一言に病院の仕事と言っても、看護師の受け持つ役割は多岐にわたります。
入院患者のケアや訪問介護、薬の管理や医師のサポートなど。

特に小規模の病院となると、どうしてもスタッフ数が少なくなるため
一人あたりの仕事量が増える傾向があります。

病院に転職を希望するなら、規模ごとの仕事の違いも把握しておくべきでしょう。

看護師の求人数を見ても圧倒的多数を占める病院ですが、
条件を明確にしておかなければ、いつまでたっても希望の求人を見つけられません。

また、ハローワークや求人誌には出回らない非公開求人も多数存在します。
転職支援サイトなどのツールを使い、くまなく情報を集めましょう。

認定看護師・専門看護師等の資格他、看護師長などの役職経験がある方は、
それらの要素が生かせる職場を選ぶことが大切です。

これから資格取得や役職に就くことを目指す人も、支援体制が整っている病院を選ぶようにしましょう。