自衛隊 | 勤務先別の看護師転職

自衛隊

自衛隊における看護師の仕事は多岐にわたります。
自衛隊員のけがや病気の手当他、国内外の災害派遣において医療活動を行います。

自衛隊で働く看護師は、自分の身を守ることも要求されます。
必ずしも治安の安定した地域で働けるとは限りませんので、専門の訓練を積まなくてはなりません。

看護師資格ほのか、自衛隊の中にある看護学校を受験し、自衛隊に求められる
医療や看護を学ばなくてはならないのです。

予め看護師資格を持っている人も受験できますが、看護師資格を持っていなかったとしても
条件を見たいしてれば入学は可能です。しかも、無料で看護師試験を受けられるのです。

試験にかかる費用や授業料などは国費で補えるため、本人が金銭の負担をすることは
ありません。その分、入隊の条件は厳しく定められています。

身長・体重・病歴など細かな条件をクリアしたものだけが、入隊を認められるのです。

また、自衛隊の中には独自の階級が定められています。
高等看護学院に入学すると二等陸士となり、1年ごとに一等陸士、陸士長と昇格していきます。

そしてもう一つ。卒業時に受ける看護師国家試験によって階級が変化します。
合格すれば二等陸曹、不合格なら三等陸曹という階級になります。

自衛隊の中に階級が設けられているのは、それぞれの役割分担をはっきりさせるためです。
階級によって指示をする立場・受ける立場が明確になり、迅速に行動できるという仕組みです。

このように、一般の病院とはかなり異なる仕組みがあることを理解しておきましょう