病棟勤務 | 勤務先別の看護師転職

病棟勤務

病棟勤務の主な仕事は、入院患者のケアをすること。問診や体温・血圧の測定
に始まり、体を自由に動かせない人には入浴や食事の介助もします。

昼はもちろん、夜間であっても患者さんの容体チェックは欠かせません。
そのため、時には夜勤をすることもあります。

夜勤の場合は一人で多くの患者を診なくてはなりません。また、本来なら
体を休める時間に働くわけですから、体にはとても負担がかかる仕事です。

夜間の勤務は時間外手当の対象になります。また、夜勤ができる最大数は
1カ月に8回までです。求人を選ぶときは、この2つをよく確認しましょう。

どの病院でも、夜勤ができる人材を求めています。なぜなら、結婚や出産を機に、
日勤専従へと働き方を変える人が多数いるからです。

また、単身者の中にも夜勤で体調を崩し、日勤のみの仕事に転職する人も多くいます。
そのため、どの病院でも夜勤ができる人材が不足しているという現状があります。

日勤のみの求人はそれほど多くありません。現在日勤のみの求人を探している方は、
夜勤があっても仕事ができる環境があるか調べてみましょう。

例えば、24時間対応の託児所が院内にあれば、子供を預けて夜勤ができます。
家族の介護がある人、子供が小学校に上がった人は夜勤の数を少なくしてもらうことも可能です。

夜勤でも工夫次第で家庭との両立は可能です。直ぐに日勤のみを選ぶのではなく、
夜勤も含めて求人を探したほうが、転職先が見つかりやすいですよ