日勤のみ | 雇用形態別の看護師転職

日勤のみ

日勤のみを希望する看護師には子供がいることが多く、特に就学前の
幼児を持つ看護師たちが日勤のみの求人に集まりやすいです。

保育園や幼稚園、託児所などに子供を預けていても、対応できる時間には限りがあります。
子供を迎えに行かなければならないので、夜勤に出られないのです。

日勤のみを導入しているところはたくさんあります。診療所や
クリニック、企業などはもともと夜勤がありません。

一般の病院でも日勤のみと夜勤専従でスタッフを分けている事も
あるので、職種を問わなければ日勤のみの職場はかなりの数があると言えます。

ただし、その分希望者も多く、求人が見つかってもすぐに
募集が締め切られてしまう事も少なくありません。

日勤のみを希望するなら、早い段階で希望職種を決めましょう。
同時に、採用試験対策を念入りにしておく必要があります。

応募者の人数が多いため、競争率もかなり高いことが予想されるからです。
この人を採用したい!と思わせるような要素を持っているかどうかが、採用の分かれ目です。

ポイントは、募集者にとって貴方が有益な人材であるとPRできること。
経験した事のある分野なら、即戦力として重宝されるでしょう。

仕事に対する目標が明確であることも大きなポイントです。
自分のやりたいことができるから、ここを選んだ。

志望動機を聞かれたときにはっきりと答えられれば、かなり印象が良くなります。

子供がいる人にとってどうしてもネックになってしまうのが、残業。
毎日では無理でも、週に1・2日だけでも残業可能な日を作っておく事をお勧めします。

これらのポイントは、あくまでほんの一部。採用の可否を決めるポイントは
職場ごとに異なりますから、職種に対するリサーチもお忘れなく。