常勤 | 雇用形態別の看護師転職

常勤

看護師において最も多い働き方が、常勤です。職種や診療科目を問わず、
常勤スタッフとして勤務する看護師は大勢います。

非常勤に比べれば待遇も整っていますし、基本給も高めです。何よりも
雇用期間の上限がないため、安定した収入が保証されているという安心もあります。

しかし、常勤ならではの不便さも確かに存在します。例えば、拘束時間の長さ。
週5日に加えて残業・休日出勤をすることもあるでしょう。

家庭に使う時間が長い人には、少々不便な働き方かもしれません。

雇用主の本音としては、優秀な看護師には少しでも長く働いてほしいもの。
そこで、各雇用主は独自の体制で就労支援を整えています。

職場内に24時間預かり可能の託児所を用意したり、日勤専従の制度を整えるなど。
企業の場合は短時間勤務を取り入れるなどして、働く側の支援をしています。

また、診療科目によっては夜勤の無い科目があるため、転職によって常勤のまま、
時間を調節して働くことを選ぶ看護師もいます。

常勤と言っても働き方は病院ごと・診療科目ごとに異なるものです。
求人を探すときは、必ず勤務時間と休日、残業の有無を確認しておきましょう。

常勤の場合は、どんな媒体からでも求人を探すことができます。ハローワーク
等を使っても良いのですが、こだわりの条件があるなら、転職支援サイトの方がお勧めです。

給料○円以上、託児所完備、有給消化率が高いなど、高待遇の求人が揃っているからです。
きっと、あなたの要望をかなえる求人が見つかることでしょう。

折角手にした転職のチャンス。絶対にはずせない条件があるなら、妥協しては損です。
今後の仕事に対する意欲をアップさせるためにも、こだわりの条件は絶対に叶えてください。