中途採用 | 雇用形態別の看護師転職

中途採用

中途採用に期待されるのは即戦力です。最も確実なのは、離職してから
日にちをおかずに転職活動をすること。狙うのは、過去に経験のある分野です。

新たな人材を雇うにしても、経験があるとないとでは大きく異なります。
予め仕事の経験のある人を採用しておけば、人材育成のコストを削減できるのです。

もちろん、病院によっては独自の決まりもあるでしょう。基本的な仕事は同じでも、
前の職場とはやり方が異なる場合も考えられます。

そんな時には周囲がフォローをしてあげることで、中途採用の人材を活用することができます。

多くの病院では即戦力となる中途採用を求めているので、
自分の能力を余すことなくPRすることが大切です。

中途採用と言っても、全ての人が間を空けずに転職活動ができるわけではありません。
中には事情があって、長期のブランクができた人もいるでしょう。

ブランクの期間が長いほど、再就職への不安は募るものです。
そこで活用してほしいのが、復職の為の支援セミナーです。

企業や病院が自主的に開催している場合もありますし、看護協会や民間の
転職支援会社が開催するものもあります。

こうしたセミナーに参加することで仕事の感覚を取り戻し、
万全の態勢を整えてから転職活動を行うことをお勧めします。

家事や育児を理由に長い間職場を離れている看護師のことを
潜在看護師と呼びますが、医療業界では潜在看護師の復職に力を入れています。

経験のある看護師を少しでも多く現場に取り入れて、人材不足を解消するのが狙いです。
ブランクができたからとあきらめずに、ぜひ再就職を目指してください。