アルバイト | 雇用形態別の看護師転職

アルバイト

看護師の働き方は、正規雇用だけではありません。それぞれのライフプラン
に合わせて、パートやアルバイトなどの非正規雇用を選ぶことができます。

正看護師・准看護士共に、アルバイトの求人はあります。
ただ、資格の特性上正看護師の求人の方が多い傾向にあります。

アルバイトと言っても、仕事内容が大きく変わるわけではありません。
正社員と同じような仕事を任されることも多々あるでしょう。

そんなときに責任もって仕事を全うできるかが、アルバイトで求められる要素です。

アルバイトとはいえ、職員の一人に変わりはありません。
自分の仕事は、最後まで責任を持って取り組みましょう。

こうしてみると、アルバイトと正規雇用はほぼ変わらないように見えますが、
働く側の自由度や賃金で比較すると、両者に差が出てきます。

正社員は週5日、定められた時間帯や、残業があるときでも働く必要があります。
その代り、賃金の他に時間外手当などが付くため、月給は高くなります。

一方アルバイトの場合は、働く日が週5日以下でも構いません。
雇用先が定める日数を満たしていれば、働く日を調節できるのです。

残業にしても、面接の時に可否を伝えておけば断ることも可能です。
しかし、できるだけ残業ができる方が採用されやすいです。

どうしても定時で帰らなくてはならない時は、周囲にあらかじめ了解を
取っておくか、残業がない職場を選びましょう。

例えフルタイムで働けたとしても、アルバイトの場合は賞与がありません。
ボーナスや役職手当はもらえないので、どうしても賃金は低くなります。

家事や育児、資格の勉強など、他に優先させたいことがある人向けの働き方と言えます。