パート | 雇用形態別の看護師転職

パート

各病院や福祉施設では、パートとして看護師を雇用しているところもあります。
正規雇用よりも人件費が抑えられるため、パートを取り入れる職場は増えています。

労働者にとっても、フルタイムよりも少ない時間で働けるので、
家庭との両立がしやすくなるというメリットがあります。

ただ、非正規雇用であるため賃金はどうしても押さえられてしまいますし、
社会保険に加入するにしても厳しい条件が付けられています。

パート雇用を選ぶときは、それぞれのメリット・デメリットを考えて選びましょう。

パートを含めた非正規雇用の場合、給料は時給出換算7されます。
これは地域や職場ごとに異なりますが、平均で1500円程度です。

中には2000円・3000円にも及ぶ職場もありますが、これはほんの少数でしかありません。
給料を比較するときは、1500円前後を目安にしましょう。

さて、パートを選ぶうえで大切なのは職種です。
クリニックや外来、訪問介護など、パートとして働ける職場は様々です。

その中から自分に合う職場を選ぶためには、離職前の職歴を整理してみましょう。

所属していた診療科目・受け持っていた仕事など、できるだけ細かく整理してください。
過去に経験した事のある分野なら、パートとしても採用されやすいです。

希望求人が決まったら、次は面接の対策に取り掛かります。

パート面接でよく聞かれるのは、1日何時間働けますか?という質問。
合わせて残業がどれくらいできるか、とも聞かれます。

志望動機とあわせて、これらの質問ははっきりと答えられるようにしましょう。