麻酔科 | 診療科別の看護師転職

麻酔科

麻酔科の主な仕事は手術。患者に対して投与する麻酔の種類や量等を管理します。

患者の年齢や病状、アレルギーの有無などによって麻酔を調節
していかなくてはならないので、とても高い専門知識が必要です。

ここで働く看護師は麻酔科医の補助をするほか、手術や治療の機材を
準備したり、患者の術後ケアに当たります。

特に手術直後の容体は、呼吸や脈拍の管理を厳重にしなくてはなりません。
集中力と観察力の両方が必要な仕事です。

麻酔科自体がまだ少数しかないため、求人を探すのは大変かもしれません。
しかし、今後の医療の発展に伴い需要が増えていくことが予想されます。

麻酔科は緩和ケア・がん治療とも深い関わりを持っています。
ICUや終末医療に携わるときも、麻酔科の経験が大きく役に立つでしょう。

もしも将来専門性の高い分野に関わりたい・認定看護師や専門看護師の
資格を取って活躍したいと考えているなら、麻酔科を目指すのも良い手段だと思います。

麻酔科の求人が見つからない時は、仕事の性質が近い手術室看護師を目指しても良いでしょう。
手術と麻酔は切っても切り離せないものですから、専門知識も習得できます。

ただ、麻酔科同様求人数には限りがあります。希望の勤務地域では、
求人を見つけられないかもしれません。

あまり診療科目を限定しすぎず、幅広く探していきましょう。

もちろん、福利厚生や給料・勤務形態はしっかりこだわって、納得の
行くものを選んでください、それが、転職で成功する一番の秘訣です。