美容皮膚科 | 診療科別の看護師転職

美容皮膚科

美容皮膚科に勤務していると、施術を割引で受けられるという特典があります。
働きながら美容に関する様々な知識を身に着けられるのも、嬉しいところ。

日勤のみで休みも取りやすく、ゆとりを持って働くことができます。
給料も高めなので、収入がダウンする心配もほぼありません。

こうした長所から、求人が出されると多くの看護師が殺到する傾向があります。
非常に競争率が高い診療科目で採用されるためには、何が必要でしょうか。

第一に求められるのは、身だしなみの清潔さ。美容を扱う場所である以上、
見た目の美しさも多少は基準に入ります。

あまり華美な化粧・服装は禁止ですが、地味すぎてもいけません。
病院の時よりも少し明るめの色を使うなど、メイクにも工夫が必要です。

第二に、患者と信頼関係を構築できるかが問われます。
これは過去の病棟経験などからPRすると伝わりやすいです。

容姿の悩みは、時として患者の心に影を落とします。言い換えれば、
容姿の悩みを解決することによって、これからの生活に希望が持てるようになるのです。

カウンセリングの課程で過去の体験を思い出し、非常につらい気持ちになる患者さんもいます。
そんな時に気持ちを共有しようという姿勢があると、心を開いてもらいやすいでしょう。

美容皮膚科には、一般の病院とは異なる仕事がたくさんあります。
接客要素が強い影響か、ノルマを求められることもあります。

実際にどんな仕事をするのか、何を求められるのかは施設ごとに違います。
求人票だけではわからない、仕事の詳細や人間関係もしっかりと把握しておきましょう。

仕事に慣れるまではとても大変かもしれませんが、ある程度1日の
流れがわかってくると、やりがいや働く楽しさを感じられるでしょう。