循環器科 | 診療科別の看護師転職

循環器科

循環器科に転職を希望する場合、求人の集め方に気を付けてください。
それほど設置数が多い科ではありませんので、効率よく情報を集めなくてはなりません。

ハローワークや求人雑誌よりも、転職支援サイトに限定して求人を探しましょう。
循環器科は大学病院など大手医療機関に内設されている場合が多いです。

そもそも「循環器科」とはどんな治療を行うのでしょうか。主な症状は、
高血圧・不整脈・心筋症といった、血液の循環や心臓の病気を扱います。

非常にデリケートな場所であり、命に係わる重大な疾患を扱うことが
多いため、医師・看護師には高度な技術が求められます。

基本的に夜勤は必須。2交代と3交代制に分かれるので、どちらの夜勤を
採用しているかをよく確認してください。

循環器の病気は、悪化すると命に係わります。そのため、早期発見と治療が
何よりも大切です。いち早く変化を見抜く観察力が必要となるでしょう。

また、一命を取り留めたとしても長期のリハビリや後遺症で不自由な思いをする
患者さんもいます。そんな時に心のケアができる看護師が、循環器科には求められるのです。

循環器科では、入院や手術が必要ない患者に対しても注意喚起をしなくてはなりません。
例えば高血圧の人の場合、食事や運動など生活習慣の見直しを提案します。

病気の治療と予防、どちらも大切な仕事です。循環器科で働くということは、
多様な業務をこなしていける能力が求められるのです。

とても大変な仕事ではありますが、より高度な医療と関わるという点では
非常に魅力的な職場と言えるでしょう。