美容外科 | 診療科別の看護師転職

美容外科

近年は美容を扱う医療施設が増加しました。美容外科も、その一つです。

外科とは、外傷の他に内臓・神経・筋肉などの損傷を治療する診療科目のこと。
そこに「美容」とい言葉が入ると、美しさを得るための医療行為が目的となります。

一例として、顔全体や各パーツ(鼻や口など)の骨格を整えたり、
シミやしわの除去などが治療に含まれます。

時には手術をすることもありますが、あらかじめ日程が決められているうえに
短時間で済むものが多く、外科や内科などに比べれば負担が少ないのが特徴です。

夜勤もないので規則正しい生活ができる点も、看護師にはメリットとなるでしょう。

ただし、病院の時よりも「接客」の態度が重要になります。

極端な例ですが、病院の場合は多少態度が悪くても、放っておくと
自身の体が辛くなるので仕方なく通う患者も多数います。

一方美容外科の場合、早急に治療しなければ症状がひどくなる・・というような
自体はほとんどありません。その病院が嫌なら、治療をやめることもできます。

特に外見の悩みは、その人の考え方や正確に深く影響してしまうもの。
最悪の場合、もう二度と美容外科にはいかない。と思ってしまう場合もあり得ます。

美容外科で働きたいのなら、サービス業に転身したと思って勤めましょう。
接客態度や身だしなみには、これまで以上に気を配る必要があります。

求められる技術には、採血・注射・点滴などがあります。
ブランクができてこれらの技術に不安を覚えている人は、復職支援セミナーを利用してみましょう。

美容外科は駅の近く、ショッピングモールの近辺にあることが多いです。
通勤や買い物に便利な場所を選びたい人にも向いている職場と言えるでしょう。