皮膚科 | 診療科別の看護師転職

皮膚科

皮膚科の扱う分野は様々です。アトピーや虫刺されといった日常的な
症状から、シミやニキビ跡の除去などの美容分野まで。

多種多様な分野が、皮膚科には含まれているのです。

皮膚科というと、夜勤や残業が無くて仕事がしやすいというイメージを抱く人が多いです。
間違ってはいないのですが、病院の規模によっては夜勤・残業もあり得ます。

手術が必要な患者さんの場合は当然入院もしますから、病棟勤務のように
夜勤が必要です。大病院なら残業を交えつつ、日々の業務を行うことでしょう。

反対に小規模の病院やクリニックなら、ほぼ残業・夜勤がありません。
現在の状況も考慮しながら、どちらの求人が向いているか選びましょう。

皮膚科は患者が抱える症状によって大きく処置が変化する診療科目です。
薬の塗り方を指導したり、時には検査目的の採血もあります。

手術のときは医師に対して器具を手渡したり、衛生管理も徹底して行います。
それ以外に、入院患者のケアも欠かせません。

皮膚科のもう一つの特徴としては、非常に幅広い年齢層の患者がやって来ることがあります。
子供から高齢者まで、だれとでも接していける対人能力が求められます。

ただし、美容皮膚科に勤務する場合は若い女性患者が多いため、
求められる対人能力は通常の皮膚科と異なるでしょう。

とはいえ、看護師という仕事をしている以上、対人能力は欠かせない要素です。
どんな患者さんであっても、しっかりとケアをすることを忘れないでください。