er(救急室) | 診療科別の看護師転職

er(救急室)

ER(救急救命)の看護師に求められる要素は2つ。体力と精神力です。
おそらく看護師が働く場所の中でも、最も過酷な現場の一つと言えるでしょう。

患者がいつ・何人搬送されるのか、その人の容体がどんなものなのか。
予め想定ができないからこそ、瞬時の判断が必要なのです。

場合によっては、一度に大人数の患者の処置をすることもあるでしょう。
患者の命をつなぎとめられるかどうか、それはERのスタッフにかかっています。

ERで働く以上、夜勤・残業・休日出勤の3点は覚悟しておくべきです。
想像している以上にハードワークになりますから、選ぶならよく考えてからにしましょう。

ERの仕事は主に2つ。トリアージと医師のサポートです。
それ以外の仕事は、ほかの一般病棟と変わりありません。

大人数の患者が搬送されると最初に行うのがトリアージ。
外傷の有無や脈拍・心拍数といった数値をもとに、重症度を測ります。

この重症度が高い人を優先して治療を行うため、とても重要な判断です。

患者を治療するときは、医師のサポートを行います。
他の診療科から応援を要請したり、手術器具の手渡しなどをします。

一分、一秒でも早く治療をしなければならないので、迅速さが求められます。

救急搬送がないときは、一般の病院と同じように仕事をします。
ただ、メインは救急なので、こちらの仕事は少ないでしょう。

ERは経験豊富な看護師が求められる傾向があります。
もし転職を希望するなら、様々な診療科で経験を積んでからが賢明です。