産科病棟 | 診療科別の看護師転職

産科病棟

産科を希望するなら、その病院内にどれだけの助産師がいるかを確認しましょう。
というのも、助産師が少なければ看護師の仕事も多くなるからです。

お産の主な進行を決めるのは助産師の仕事です。問題は、そのお産が
いつ起こるのかわからないこと。夜間に行われる可能性も、当然ですがあります。

ある程度助産師が確保できている場合、シフト制でどの時間も
助産師が待機できるようになっています。

しかし、あまり助産師のいない小規模の産科の場合、助産師が
いない時間帯にお産が始まった時に対応しなくてはなりません。

まずは助産師や産科医に連絡を取り、妊婦の診察をする。
そして必要な設備を整えて、お産の進行状況を判断していかなくてはなりません。

助産師や産科医に連絡したとしても、すぐに来られる状況とは限りません。
妊婦に動揺を与えないように冷静に判断・処置ができるかが問われます。

休みも取りながら業務に当たりたいなら、大規模病院の産科がお勧めです。
それぞれのシフトや役割もはっきりしているので、仕事にも慣れやすいです。

現在、産科は人手不足に悩んでいます。特に小規模の病院では顕著に
進んでいるため、こうした産科へ転職して貢献したいと思う方もいるでしょう。

しかし、人手が足りないことは、一人の看護師にかかる負担も大きくなることなのです。
人材育成に裂く時間も、人材も足りないため、産科経験者を求める傾向が強いです。

こうした病院の規模による仕事の特徴を把握したうえで、求人を選ぶことが大切です。

産科は命の誕生と向き合える現場です。喜びもひとしおですが、
それ以上に大変なこともたくさんあると思っていてください。