オペ室 | 診療科別の看護師転職

オペ室

看護師は時として手術に携わります。手術室道具や機材のセッティングをしたり、
医師に必要な道具を手渡しするといったことが主な仕事です。

病院によっては、一般病棟とオペ室の看護師を分けて配置している
ところがあります。オペ室専属の看護師は、オペナースと呼ばれます。

オペナースは文字通り、手術以外のことにはほとんど関わりません。
よって、非常に専門性の高い医療を身に着けることができます。

この先ERやICU、大学病院など様々なキャリアに関わるときにも役立つでしょう。

オペ室の求人を探すためには、大規模の病院に絞って求人を探す必要があります。
中・小規模の病院だと、人件費や設備の問題からオペナースを雇えないのです。

更にいうなら、どこの大病院にもオペ室求人があるわけではありません。
求人検索の条件には「オペ室」を入れるのをお忘れなく。

オペ室の仕事は独特で、それまでの経験が全く通用しないこともあるでしょう。
その上覚えることも多いため、最初のうちはパニックになってしまうかもしれません。

また、時として患者の死と直面することもあるでしょう。
オペ室で働く以上、強靭な精神力が求められるのは確実です。

時には長時間の手術・夜間の緊急手術もあります。どんな場合でも冷静に、
迅速な判断が下せるかが、オペ室勤務が務まるかどうかの分かれ目です。

一般病棟とは違った大変さ・苦労もありますが、やりがいもひとしお。
患者さんの命を救うことに貢献できる喜びは、言葉では表せないほどです。

将来は医療のエキスパートとして期待されますから、
仕事に対して責任感も生まれることでしょう。