眼科 | 診療科別の看護師転職

眼科

眼科で働く上でのポイントは、検査に使う機械の操作ができるかどうかにあります。
他の科よりも検査を多く行う、眼科ならではのポイントですね。

現代は眼精疲労や花粉症、コンタクトレンズによるトラブルなど、
目に関する疾患を抱える患者が増加しています。

そのため、眼科としては検査機器を使える人材を確保したいのが本音です。
眼科への転職を希望するなら、経験者の方が有利と言えるでしょう。

もちろん、未経験者でも受け入れている眼科は存在します。ただ、
検査の方法や機械の扱いなど、きちんと研修を受けられる体制がないと厳しいです。

検査自体は他の診療科でも行いますし、専用の医療機器を使うこともあります。
ただ、眼科の場合は検査の種類が非常に多く、覚えるのが大変なのです。

様々な科で経験を積んだベテランの看護師でさえ、
眼科の仕事を覚えることは大変だと言っているほどです。

もしもあなたが未経験で眼科への転職を希望するなら、
覚えることが山ほどあると覚悟しておいてください。

眼科は日勤で終わることがほとんどであり、夜勤や残業もめったにありません。
こうした特徴から、転職希望者が集まりやすい傾向があります。

ただし、仕事内容をきちんと理解していないとミスマッチが起きてしまいます。
過去の職歴と合わせながら、眼科の仕事に順応しているかをよく見極めましょう。

眼科では、時に手術をすることもあります。ここで大切なのが、患者へのケア。
手術の方法やリスクを説明することはもちろん、患者の不安を軽減することが一番大切です。

最近はレーシック手術の普及など、病気以外の手術も増えつつあります。
手術の違いや患者が抱える不安の違いなど、一人一人に違うケアが必要となります。

このあたりは、病棟勤務での経験を活かすことができるでしょう。