整形外科 | 診療科別の看護師転職

整形外科

整形外科では怪我の治療を主に扱います。骨や筋肉、神経など、
外からは見えにくい部分に治療を行うのが特徴です。

代表的な仕事を見てみましょう。診察介助、ギプスをまく、
神経ブロックや筋肉注射、レントゲン撮影の準備など。

かなり幅広く仕事を扱っていることがお分かり頂けると思います。

内科では採血が多くありますが、整形外科においてはほとんどありません。
ただし、専門の機材を扱うことが多いです。

過去に整形外科の経験があるのなら、即戦力が求められる小規模の病院を
目指しても良いでしょう。未経験なら、研修制度が整っているところがお勧めです。

整形外科では、体の不自由な人を支えることもあります。
男性看護師や、若い看護師の需要も多いでしょう。

患者の年代は様々ですが、全体の傾向としては高齢者が多いのが特徴です。
症状を聞くときは一つ一つの言葉をはっきりと話すようにしましょう。

整形外科で扱う疾患の中には、手術や入院が必要な場合もあります。
ですが大半は、通院による治療が占めています。

普段の様子を聞き取りながら、ちょっとした変化でも見逃さないようにすることが大切です。

ちなみに、給料に関しては他の診療科とほぼ変わりません。入院設備が
ある病院だと夜勤があるため、時間外手当の分高めになります。

ただ、診療所やクリニックの場合は夜勤がなく、残業も少な目なので
それほど給料は上がりません。こちらは時間にゆとりを持って働きたい人向けと言えます。