小児科 | 診療科別の看護師転職

小児科

小児科の看護師に最も求められるのは、患者となる子供を上手になだめることです。
特に就学前の乳幼児や、小学校低学年の子供と接するときは注意が必要です。

一般的に女性の方が子供に対して安心感を与えやすいと言われます。
そこで小児科の看護師は、若い人からベテランの看護師まで様々な年齢層が在籍しています。

若い人なら子供に対してフレンドリーに接し、興味を引くことができます。
ベテランの場合は自身の子育て経験から、子供のなだめ方を熟知しています。

それぞれの特性を生かして子供をなだめ、治療を受けられる雰囲気を作る。
小児科で働く看護師には、チームプレイが不可欠です。

子供の場合は自分で体の症状を伝えることが困難なため、症状を
聞き取るやり取りは保護者から行います。

いつから症状が出たのか、普段の様子、過去に似た症状はないか。
といった事柄を聞き、それを医師に伝えて処置を行います。

大人と子供では処置できる薬の種類や量も全く異なりますから、
できるだけ細かく、看護師がヒアリングしなくてはなりません。

保護者との信頼を築くことも、小児科の看護師にとって大切なことです。

総合病院のように大規模な場所になると、長期入院する患者もいます。
このような場合は、入院する子供と親の両方から信頼を得なくてはなりません。

大変な仕事であることは間違いありませんが、回復して元気になった
子供の姿、それをみて喜ぶ親の姿を目の当たりにしたとき、心からやりがいを感じられるでしょう。

現在小児科は人手不足であり、小児科自体も減少傾向にあります。
求人を探すためには、幅広いネットワークを利用する事が大切です。