形成外科 | 診療科別の看護師転職

形成外科

形成外科は比較的新しく設置された診療科目なので、あまり求人を見かけません。
転職支援サイトを利用すればいくつか見つかるものの、数は多くありません。

形成外科が独立しておらず、外科の中に含まれている場合もあるので
仕事内容をしっかり確認することが大切です。

病気やけがによって残ってしまった身体の傷、生まれつき抱える体の疾患。
こうした症状を治療していくのが、形成外科の仕事です。

患者さんが抱える心の傷や悩みはとても深く、メンタルケアも求められる分野です。
形成外科は、体と心の両方を治療する科だと言えます。

一人一人の患者さんと向き合い、治療にあたる姿勢が求められると同時に、
周りの医師・看護師との連携も欠かせない要素です。

形成外科において看護師は、潤滑油の役割も果たしています。
治療を円滑に進めるために何が必要か、考えながら行動してかなくてはなりません。

そのため、過去にオペ室経験や病棟経験があると心強いです。

転職するからには、仕事内容の他に収入面も気になるところ。
月給にすると20~30万円が相場であり、全体の平均と同じかやや高めの傾向があります。

診療科目によってはもっと高い給料の科もありますので、場合によっては
転職によって収入が下がる可能性もあります。

先ほども述べましたが、形成外科ではメンタルケアが求められます。
戸惑うことも多いかもしれませんが、それは周りの看護師も同じ。

分からないこと、悩み事を相談でき、仕事にフィードバックできる環境を作ることがとても大切です。
転職する際には、あらかじめ職場の人間関係もチェックしておくと良いでしょう。