精神科 | 診療科別の看護師転職

精神科

精神科(または心療内科)の需要は年々増えています。うつ病・適応障害・
パニック障害といった、メンタル面の疾患を抱える人が増加しているからです。

かつては「気持ちの問題」と一蹴されていたものが「疾患」として認められる
ようになったことも影響しているからでしょうか。

外側から見えにくく、本人も「疾患」だと自覚しにくいため、
知らず知らずのうちに苦しんでいる人が多いのが、メンタル面の疾患。

それを正しく伝え、治療法を提案していくのが、精神科の役割です。

精神科で働く以上、心のケアは欠かせない要素です。カウンセリング資格を
持っているか、関連した知識を持ち合わせていると働きやすいかもしれません。

症状の度合いは一人一人違います。また、メンタル疾患は似た症状が
でる場合が多いため、患者さんが何に対して悩んでいるかを見極める必要があります。

以上のことから、精神科で働く看護師には観察力が求められます。

患者さんの中には、疾患にかかってしまった原因がわからずにパニックを
起こす人もいるでしょう、うまく症状が伝えられない人もいます。

看護師はしっかりと患者に向き合い、話を聞き、症状を把握しなければなりません。
時には患者からつらい言葉を投げつけられることもあるでしょう。

精神科で働く看護師は、何があってもあきらめない粘り強さが求められます。
業務内容も多様なので、想像している以上に大変な仕事になるでしょう。

もしも精神科へ転職を希望するなら、何のために選んだのかをじっくり考えてください。