放射線科 | 診療科別の看護師転職

放射線科

放射線科で働く看護師には、非常に専門性の高い知識が求められます。
実際に放射線を照射するのは放射線技師ですが、治療後のケアをするのは看護師なのです。

放射線というと、人体に悪い影響があると身構えてしまう人もいるでしょう。
治療目的とはいえ、副作用として吐き気や皮膚への障害が出る可能性もあります。

人によっては治療が長期間に及ぶ日場合もあるため、体と精神の両方を
ケアしなくてはなりません。それと同時に、医師と放射線技師のパイプ役となることも求められます。

放射線という特殊なものを扱う以上、専門家の協力は欠かせません。
しかし、患者の治療の主体となるのは医師・看護師の側です。

放射線に関する知識が0という訳にはいかないのです。
放射線科で働きたいと思うならば、自主的に勉強をしていきましょう。

放射線科の仕事は、チームワークが肝心です。もちろん、看護師という
仕事をしている以上は、どこの診療科目でもチームワークが求められるのですが。

こうした専門性の高い分野の場合は、医師や看護師の他にその分野の
専門家が医療に加わります。彼らとうまく連携できることが、重要なカギなのです。

放射線科に転職したいなら、大学病院・総合病院を狙っていきましょう。
一般の病院だと、なかなか求人を見つけられません。

加えて、中途採用者向けの研修が充実し、フォロー体制が
しっかり整っている病院が理想です。

一見難しそうな条件に見えますが、転職支援サイトを利用すれば心配ありません。
転職の専門家が集めた求人が、豊富にそろっています。