外科 | 診療科別の看護師転職

外科

外科の担当となる看護師が主に携わるのは、手術の助手です。
病棟と兼ねる場合とオペ室専属になる場合があり、病院によって所属が異なります。

大学病院や総合病院などでは、オペ室専属の看護師を募集しているところもあります。
しかし、たいていの場合は病棟と兼ねて勤務をします。

最近は外科もかなり細分化されてきました。脳神経外科、美容整形外科、形成外科など。
一言に外科と言っても、分野によってかなり仕事内容が異なるので注意が必要です。

まずは、外科の中でもどの分野に関わりたいかを決めることが大切です。

診療分野によっては、夜勤や休日出勤の多いところもあるでしょう。
家庭との両立を考える場合は、このあたりも考慮する必要があります。

そこでお勧めなのが、美容整形外科。夜勤や残業もほぼ0に等しく、休日もしっかりとれます。
手術を行うときはあらかじめ日取りを決めますし、かかる時間も短めです。

患者の大半が女性であることから、内装もサロンのようにおしゃれです。
託児所を完備しているところもあるので、女性に優しい職場になっています。

一方、通常の外科や脳神経外科は、看護師のキャリアを積み重ねたい人に向いています。
かなり高度な医療を扱う分野ですから、体力・精神力を兼ね備えている必要があります。

過酷な仕事であることは間違いありませんが、その分得られるものも大きいでしょう。
専門性の高い医療に関わることで、看護師として更なる飛躍が期待できます。

人材育成に関わりたい人、認定看護師や専門看護師の資格を目指す人にお勧めの分野です。

実際に転職するとなれば、外科での実務経験も問われるかと思います。
ただ、未経験可能の職場もありますので、あらかじめ転職支援サイトなどで相談すると良いでしょう。