泌尿器科 | 診療科別の看護師転職

泌尿器科

まだまだ男性看護師の割合は少ないものの、診療科目によっては
積極的に男性看護師を採用している場所があります。

その一つが、泌尿器科です。ここは男性患者の多い診療科目なので、
スタッフも必然と男性が多く求められる傾向があります。

同じトラブルを抱えていても、女性の場合は婦人科を受診することが多いです。
婦人科はスタッフのほとんどが女性なので、安心感があるためでしょう。

もちろん、泌尿器科において女性看護師が0という訳ではありません。
ただ、どちらかというと男性看護師の方が採用されやすい傾向があるのです。

泌尿器科で扱う症例はとてもデリケートなもの。排尿障害から性感染症など、
なかなか人には相談しづらいものばかりです。

加えて、患者にとっては恥ずかしい部分を見せなくてはならないという
精神的な負担があります。看護師としては、この点をまず理解しておくべきです。

特に生殖器官に関する症例は、患者にとって精神的ダメージが大きいものです。
治療と同時にメンタルケアも求められるでしょう。

患者の年齢層は高めなので、診察する態度も誠実さ・丁寧さが問われます。
看護師としての知識や技術以上に、人としての礼儀が求められることをお忘れなく。

泌尿器科には、最先端の設備が整っています。また、夜勤がなく規則的な
勤務体系なのでそこに魅力を感じて転職する人も多いようです。

看護師の働く場所は、病院だけでも様々です。特定の診療科目に限定せず、
様々な診療科目を調べたうえで決定しましょう。