男性看護師 | タイプ別の看護師転職

男性看護師

男女雇用機会均等法の影響で男性看護師も増えつつありますが、
それでも看護師全体の1割程しかいません。

また男性には力仕事やある程度の長時間労働が必要な仕事が期待されており、
救急救命や透析科へ配置されることが多くなります。

その他、患者との身体接触が少ない精神科や眼科などが、
男性看護師が配置されることの多い現場です。

女性の場合、結婚や出産といったライフステージの変化によって
職場を離れてしまう機会ができてしまいます。

一方男性の場合、独身・既婚・子持ちを問わず継続して働く
事ができるので、離職の心配がありません。

このような理由から、人手不足でなおかつ長期間働ける人材を
求める職場に男性看護師が多く配置されやすいのです。

男性看護師が転職をするときは、これらの診療科を目指すことをお勧めします。

逆に、男性が入りにくい診療科もあります。産科・婦人科、小児科など。
診察対象が女性や子供ということもあり、女性の方が求められる傾向があります。

特に産婦人科については、女性患者への身体接触が多いので
男性看護師が立ち入るのはほぼ不可能です。

男性看護師が受け入れられつつあるとはいえ、まだまだ課題も残されています。
更衣室や職員用のトイレなど、プライベートな空間を確保できない施設が多いのです。

多くの病院は、今まで女性の看護師しか登用していません。そのため、看護師
用の施設もすべて女性向けに作られているのです。

このあたりは、病院もさることながら働く男性看護師自身が工夫し、
乗り越えていくしかないのかもしれません。