潜在看護師 | タイプ別の看護師転職

潜在看護師

潜在看護師という言葉をご存知でしょうか。これは、
看護師(または准看護士)の資格がありながら働けない人のことを言います。

多くは結婚・出産を機に退職してから復職の機会を逃し、
働きたくても働けないという状況に陥っているのです。

毎年新卒で看護師になる人は約5万人ですが、離職していく人は10万人にも及びます。
離職する人の大半は、結婚や出産などで職場を離れた人です。

中には新卒で離職を選んでしまう人もいて、どの病院でも人材不足に悩んでいます。

そんな中で注目されているのが、潜在看護師の復職です。
経験のない新卒を育てるよりも効率がよく、人材育成の時間や費用も少なくて済みます。

現場の声としては、一人でも多くの潜在看護師を復職させたいのが本音です。

潜在看護師の側としても、本当は復職したいという気持ちが強くあります。
しかし、長くできたブランクや家庭環境から、なかなか復職へ踏み切れずにいます。

そんな方々にぜひ知ってほしいことがあります。それは、どんなに長いブランクが
あったとしても、復職は絶対にできるということです。

病院が独自に復職支援セミナーを行っている場合もありますし、各都道府県に
ある看護協会では、復職支援セミナーが行われています。

お近くにセミナーを受けられる場所がなかったとしても、ある程度は自力で
カバーすることができます。学生時代に使っていた教科書や参考書、とってありますか?

それをもう一度見返してください。まだ覚えているところ、忘れているところを
区別して、忘れている所を重点的に復習していきましょう。

復職に関して不安があるなら、看護師専門の転職サイトを利用してみてください。
担当者に相談すれば、セミナーが受けられるかもしれません。